アプリケーション導入

・「3D - 360° PhotoStyle くるみる」の利用を開始するにはライセンスキー入力によるライセンス認証が必要になります。

・1つのライセンスキーに対して、3つの端末(iPhone, iPad)までライセンス認証が可能となります。

・3つの端末でライセンス認証を行っている状態で、新しい端末で「3D - 360° PhotoStyle くるみる」を利用したい場合、3つの端末のうちいずれかのライセンス認証を解除してから、ライセンス認証を行う必要があります。

・端末内から「3D - 360° PhotoStyle くるみる」を削除する場合、事前にライセンス認証の解除を行う必要があります。

※ライセンス認証の解除を行わずに「3D - 360° PhotoStyle くるみる」の削除を行った場合、使用できるライセンスの数が減少する可能性があります。

2, 各種設定画面の認証機能項目にある「解除する」をタップする

1, 「3D - 360° PhotoStyle くるみる」を起動し、「設定」をタップする

ライセンス認証の解除方法

WEBサイトへの掲載

※モバイル端末で表示している場合、『埋め込みコード』ボタンは表示されませんので、PCのブラウザソフトを用いて表示してください。

5, 表示されるページの下部にある『埋め込みコード』ボタンをクリックして表示されるコードをコピーする

6, 360°回転画像を表示したいページのhtmlファイルにコピーしたコードをペーストして、表示幅や高さを調節する

※1

インラインフレームの幅(width)と高さ(height)は、掲載する360°回転画像の大きさを超えないようにしてください。

 

※2

インラインフレームのサイズは、必ず「幅 : 高さ = 4 : 3または3 : 4」の割合を維持してください。

- 回転画像撮影時のiPhoneの向きにより、高さと幅の設定を合わせる必要があります。

- 上記以外の割合で設定すると、360°回転画像を表示した際に余白が発生する可能性があります。

 

※3

インラインフレームを使用している場合、FacebookのシェアボタンとTwitterのツイートボタンは表示されません。

 

<360°回転画像の操作方法>

※WEBページに360°回転画像を埋め込んで表示した場合、これらのボタンは表示されません。

クリックすることで回転画像をTwitter上に表示させることができます。

クリックすることで回転画像をFacebook上にシェアすることができます。

クリックすることでWEBページに回転画像を埋め込むための、インラインフレームのコードを表示します。

<iframe width="960px" height="720" src="http://サーバのURL/360°回転画像のフォルダ名/viewer.html" scrolling="no" frameborder="0"></iframe>