上の画像をマウスで回転させて見てください

マウスのスライドスピードにより

回転スピードを変えられます

【埋め込み画像】

データをアップロードして、

サイトに埋め込むことも可能です

【紹介動画】

 まずはこちらをご覧ください(2014年9月1日更新)

これまでの写真では物を平面的にしか伝えることができず、立体感を表現するのは困難でした。物の立体感を表現するためには、パソコンを使った高価な撮影システムが必要でありました。

「くるみる」はiPhoneと回転アームだけで、被写体の360°回転画像を手軽に撮影できる製品です。

Step1:回転アームにiPhoneをセット

Step2:専用アプリを起動

Step3:時計回りにアームを回す

たったこれだけで、360°回転画像を撮影することができます。パソコンや電源などは一切必要ありません。

  • 撮影した画像はスワイプ(iPhone,iPad)やマウス操作(PC)で回転させることができます。

  • Dropboxを経由して、iPhoneで撮影した360°回転画像をiPadやPCなどで共有できます。

  • 撮影した360°回転画像は、WEBページで閲覧したり、SNSにて共有できます(*1)。

  • 回転アームは、アームを折りたたむことでコンパクトに収納することができます。気軽に持ち運べ、どこでも撮影することができます。

(*1)これらの機能をご利用いただくためには、くるみるからアップロードしたデータをWEBサーバに配置しなければならないため、WEBサーバーをご準備いただく必要があります。

「くるみる」の回転アームはニットーが製作し、アプリは日本コンピュータ開発が開発しています。

「手軽に360°回転画像を楽しめる」をキーワードとし、様々な利用シーンを想定しながら、機能追加や操作性改良を行ってきました。

試作品は多くの方々にイベントや展示会などで体験してもらい、生の声を製品開発に活かしています。また、Facebookなどインターネット上にも開発状況を随時公開し、改良を重ねています。

今後も、インターネットを通じてより多くの方々と共に、より良い製品の実現を目指していきたいと思っています。

クラウドファンディング

本製品の資金をクラウドファンディングより募集し、達成!

募集期間:2014年2月13日-3月31日

支援額:1,231,500円

支援者:71名

【イベント報告】

 3Dスキャン&3Dプリント

 イベント開催しました

「3D入門WS:くるみるでくるっと手軽に! 3Dスキャン&3Dプリント」

日時:9月27日(土) 13:30~18:00

WBSで紹介

テレビで紹介

テレビ東京

「ワールドビジネスサテライト」

で紹介されました

くるみるとは
撮影時間25秒
ランニングコスト0円

撮影した360゚回転画像や専用アプリの使用に運用コストはかかりません。

撮影枚数に制限はありません。好きなだけ360゚回転画像を撮影して活用できます。

撮影枚数無制限

撮影した360°回転画像は、iPhoneやiPadで閲覧できるだけでなく、データをアップロードすることで、Webサイトに埋め込んだり、FacebookやTwitterなどのSNSでシェアすることができます。

Webショップでこれらの画像を活用することで、商品自体を魅力的に表現するだけでなく、お客様の目の前に商品があるかのような体験をお届けできます。

特長

[回転アーム]

テーブルサイズ:φ240mm×H34mm

アーム最大回転直径:φ560mm

材質:アルミニウム(アルマイト、塗装)

対応機種:iPhone5/5s/5c/6/6 Plus

重量:560g 

 

[アプリ]

対応OS:iOS 7.0 〜 iOS 8.4

対応機種:iPhone5/5s/5c/6/6Plus、iPad2〜

 

 

《特許出願済》

仕様
開発について

1/4

360°回転画像で商品の魅力アップ

撮影時間25秒

ランニングコスト0円

撮影枚数無制限

町工場から楽しいモノづくりを Made in JAPAN

Webショップのこれからのスタンダード

The standard for Web shop from now on

0